講演とワークショップ「半農半Xという生き方」開催しました

JUGEMテーマ:マクロビオティック

中国語や韓国語でも出版されている「半農半Xという生き方」の著者、塩見直紀さんをお招きして、講演とワークショップを実施しました。

「むすび」誌20033月号に塩見さんをインタビューした記事が掲載されたのがご縁の始まりで、以降連載の執筆、自然農の川口由一さんとの対談、塩見さんの住む街「綾部」を特集したことなどで親しくなることができました。そして、ようやく念願のセミナーが実現しました。

 

 

自給的な小さな農業で暮らしを成り立たせながら、それぞれのX(何か)を追い求めていく。Xにあてはまるのは「天職」「天命」や「使命」「ミッション」など。自己実現や社会貢献ととらえてもいいかもしれません。塩見さんは、半農半Xという生き方が、こころの問題と環境の問題という二つの大きな難問を解くカギになるという予感から、著書や講演などで発信し続けています。

 

「アイデアを出し合って、それが実現できるような世の中にしていきたい。自分のXだけ考えるのではなくて、活かし合う社会にしたい」という塩見さんのセミナーは、講演「半農半Xという生き方〜みんなの天職(X)を活かし合う世界へ」と、「みんなのXでソーシャルデザイン!」のワークショップを織り交ぜながらのスタイルで進められました。

 

 

「大学四年くらいからいい言葉があるとノートに書き留めて「言葉貯金」と呼んでいるのですが、この貯金の残高が結構すごくて、ある時から独占したらいけない、シェアしようと思って、Facebookなどで毎日影響を受けた言葉を一つずつ紹介しています」

 

「世界を見ていると不透明でこの先どうかなという気がしています。インターネットのおかげで選択肢が増えている気がするかもしれないんですけど、ある方に言わせると選択肢は狭まっている。そんな中で可能性を感じるのは人との出会い。今日も桜沢先生のもと(正食協会)に来させていただけたということで大変嬉しいんですけど、桜沢先生は合気道の創始者植芝盛平さんと出会われた。また植芝さんは綾部の出口王仁三郎さんと出会っていくんですけど、いろんな出会いは素晴らしいものではないかなと思っています」

 

 

「皆さんいろんな仕事がある中で、いろんなものをかけ算すれば面白い時代が作れるんじゃないかなと思います。この30年私のテーマは、この時代どう生きるか、でした。2829歳の頃に「半農半X」という言葉が生まれました。

半農半Xの最大の意味は、耕作放置地を解消したとか自給率が1%上がったということではなくて、方向性を提示したことではないかなと思います。こういう方向を生きたら、そう間違いではないと思っています」

 

 

「最近は島根県さんが政策に取り入れてくださって、「半農半X」を実践する人を応援するようになっています。北海道庁の方から電話がありました。北海道は広いので大型農業をしているイメージがあるんですけど、大きな農業だと、その人が倒れてしまうと、あとがなかなか大変かもしれませんけど、半農半Xの人も農の担い手として位置づけて、多様な担い手が支えるような時代にしていきたいという考え方に変わっていったようです」

 

 

講演の中で何度か行われたワークショップは4人の班に分かれて「自分資源発掘ミニワークシート」を使い、「自分の中のキーワードチェック」や「自分の型をつくる!」などに取り組み、自分のXと出会う手がかりを見つける時間となりました。

 

講演とワークショップを終えた参加者の方たちは、とても満足されていた様子でした。アンケートから少し紹介させていただきます。

  • 半農半Xにあこがれていましたが、どこから手をつけたらいいのか分かりませんでした。実践する人は、努力している人、優れている人、発信力のある人と思っていましたが、今日のワークで自分のしたいことは、案外実践可能だと気づきました。人生を真剣に遊ぶということかなと。この方向でいきます。
  • 私自身の課題が、「想像すること」「うみだすこと」で、むずかしく考え過ぎていたのですが、とてもやわらかく、リラックスして、りきまなくていいのだとわかりました。
  • 日常の気づきを話の中につむいでいかれ、とても学びになりました。やさしい話し方をされていたのでびっくりしました。(写真からのイメージとは異なっていたので)自分のやりたいことが、書き出すことで、すごく明確になったように思います。

 

 

今回来られなかった方もおられますので、またいつか塩見直紀さんをお招きして実現したいと思っています。

なお、このセミナーは「むすび」誌1月号で紹介させていただきます。

| セミナー | 13:12 | - | -
山村流・食養診断力アップ入門特別講座開催しました

JUGEMテーマ:マクロビオティック

食養家で正食協会の理事、山村慎一郎先生の9月から始まった新シリーズの第3回目「胃の病気の望診・食事・飲み物・手当」が開催されました。

 

 

東洋医学で脾というのは、胃と膵臓と十二指腸と小腸の一部、ようするに消化器官のことを言っているんですよ。現代は塩分の取り過ぎによって引き起こされる不調よりも、砂糖や果物、パンなどの糖質の摂り過ぎが多くなっています。

たとえば胃の不調は「胃滞水」などです。今回は脾胃との不調の中でも増え続けている「心の病気」を取り上げました。

五行運行図を見ると、脾胃は味は「甘」で土に分類されています。精神的には、思い、思考、憂いを表します。

 

 

 私たちは様々なできごとで気持ちが落ち込んだり、憂うつな気分になったりすることがあります。普通は数日たつと落ち込みや憂うつな気分から回復して、また元気になって、回復する力をもっています。ところが原因が解決しても1日中気持ちが落ち込んだままで、いつまでたっても気分が回復せず、強い憂うつ感が長く続く場合があります。こうした状態が長く続くと、普段どおりの生活を送るのが難しくなったり、思い当たる原因がないのに落ち込んだ状態になったりする、それがうつ病です。

 

子どもが小さい時に「ホットケーキ焼いて」と言われることがありました。無糖のホットケーキミックスを使って焼くと「なんで写真のようにふっくらしていないの」と言われるわけです。ちょうどナンみたいにできあがるんです。

お砂糖を入れると食べものは柔らかくなるんですね。ふっくらする。ベイキングパウダー、卵、牛乳も入れると膨らみますね。

 

You are what you eat(あなたのカラダはあなたが食べたものでいできている)」ですから、鼻の中が腫れるんです。すると空気の通りが悪くなるので口呼吸になるんです。そこにチョコレートとか甘いものを摂り続けていると、目やにが出てきます。耳からもねちょねちょの粘液が出てくる。女性だったら下りものが増えてきます。体はいらないよと言っているんです。

 

 

お肉にお砂糖を入れれば、細胞の中に水を含んで柔らかくなります。先に醤油を使ったら、締まって固くなりますよね。甘いものから先に入れていかないと甘味が入っていかないんですよ。胃の不調というと、例えば甘いものをたくさん食べたりお酒を飲んでいくと、肉でできているので、胃は柔らかくなります。胃下垂になったり胃の中に水が溜まったりします。

 

ものを食べた時に体に反応が出てくるのは、なぜなんだろう、どうしてなんだろうと考えていかなくてはいけないんですよ。本に書いてあるからと実行すると誤ってしまいます。なぜなんだろうと考えていくことが大事です。

本を読んで勉強することは大事なんですけど、そうなんだと思いつつ、本当にそうだろうかと考えておかないといけません。

 

知識だけでは役に立たないです。実際にその人がどう変化していくかを見ることができないと、教科書にこう書いてあるからと指導してしまうんです。

風邪でもいろんなタイプがあります。体質もありますから。それによってアレンジしていかなくてはいけないんです。基本は本に書いてあるんです。なぜだろう、どうしてだろうと常に考えることが大事だと思います。

 

次回第4回目は、12月10日(日)です。是非ご参加ください。

 

| セミナー | 17:07 | - | -
野口清美先生の講座の最終回が開催されました

JUGEMテーマ:マクロビオティック

3回シリーズ「健康で美しく快適に過ごすためのチョットいい話」の第3回が開催されました。テーマは「健康で美しく快適に過ごすために」。この日のコンテンツ、便利な作りおき料理/年代別の食事と健康/心の持ち方/健康の七大条件から、便利に作りおき料理として食養料理の中でもベーシックな煎り玄米について語られた部分を抜き出しました。

 

 

食養料理というのは私からいえば全部作りおきおかずです。それは常備菜になります。時間をかけ心込めて作ったものですから、非常に日持ちするものです。それが1週間持つか10日持つか3日しか持たないかは食材にもよるし、その方の作り方にもよります。

 

その中でトップバッターにあげたのが煎り玄米です。玄米という主食をマクロビオティックでは勧めています。まけば芽が出るといういのちがあります。生きているいのちをいただくということは、栄養学では何も出てきません。数字では計り知れない目に見えない世界へ食事を通じて導いていただける。それを実践いていく上で、自分でも何かしら心の持ち方であり生き方であり、自分の人生を見つめるようになるということを教えてもらったと思っているのです。

 

その玄米を一握りずつくらいの量をフライパンに入れて、香ばしくきつね色から狸色に近くまで丁寧に炒ってください。怖がらずに最初フライパンをちょっと熱い目にしておく。出会いが大事なんです。恋愛と一緒なんです。お母さん、お姉さんはときめいた昔を思い出しましょう。自分と似たような性格の男性の人やから、ええ人やなですむやないですか。自分にないものを持っている人やったら、すごいこの人格好いいとか、もっともっと知りたいとなるじゃないですか、それと一緒。玄米は今まで暗いところで袋に入って寝ておったわけですよ。

それが生ぬるいフライパンでゆっくり目覚めるよりも熱いフライパンで炒ったほうがおいしくなるんです。これは私の経験から言い切ります。なんでも違うもの同志のほうが引き合うんです。

 

 

玄米はまん丸い形ではなくちょっと楕円形ですから、フライパンを動かすだけでは、A面とかB面がひっくり返らないことがあるから、時々中華料理のシェフになったような気持ちでフライパンを動かしたり、へらを使ったりして、玄米を均等に火が入るようにして、できたかなと思ったら手にとって奥歯で噛みしめてください。その時コリコリっと噛めたら最高の煎り上がりです。

 

歯で噛みしめた時、ぐにゅっとまるでグミキャンディーのような食感だったら、まだ玄米の中の水分が残っていますから、まだいい煎り玄米になっておりませんので、もうちょっと火をあててあげましょう。

 

非常に日持ちがよろしいです。これは旅行に持って行かれたら、海外でもどこでも、お湯をいただいて浸けておくとリゾットができます。おかゆができます。

もしも何もないところでお腹が空いたら、それを口に入れてコリコリと噛めばいいわけです。子どもさんのおやつにうってつけです。子どものおやつは穀物を中心に考えると非常に心のやさしいいい子に育ちます。

 

煎り玄米を作っておかれると、震災とか何かあった時に助かるものです。保存食というのなら、私は煎り玄米を筆頭にあげたいと思いました。

少し炒りにくくなりますが、玄米を洗って塩水に浸けて吸水させるんです。少し大きくなった玄米を煎り玄米にしますと、噛めば噛むほど塩味が出てきます。

 

 

玄米というのは植物ですから、動物と植物という比べ方をするとマクロビオティックでいうところの陰性になりますよね。カリウムも多くて少し陰性ですから塩水を吸わせておくとより調和がとれて旨みが甘味に変わります。こうしておくと子どもも文句言わずに食べます。

もっと簡単な方法だったら、煎り上がってすぐに塩をぱらぱらとかけておくこともできます。塩水ほどには完全には合体しませんが。

| セミナー | 15:03 | - | -
ふるさと自費出版大賞 浅津知子先生の「ようこそ! 夢の食卓。」が優秀賞受賞しました

JUGEMテーマ:マクロビオティック

正食クッキングスクール講師で、出雲市でネットワーク校「キッチンスタジオ夢の食卓」を主宰する浅津知子先生の著書「ようこそ! 夢の食卓。一出雲から未来を想うレシピ一」(山陰中央新報社)が、第7回ふるさと自費出版大賞(全国新聞社出版協会主催)の優秀賞を受賞されました。

 

 

この本の帯には「食卓には、地球を変える力がある。」と力強い言葉が書かれているように、若者の心を“食”で救い育む活動を通し、豊かな自然と健康な心身は繋がっていること、さらには豊かな風土や天地の恵みを守り伝えることの大切さなど、浅津先生が多くの出逢いから教えられたことを、未来へとつなぐ集大成としてまとめたものです。

 

 

116日、正食クッキングスクールの指導員・講師の研鑽の場である研究会に参加された浅津先生が、受賞の喜びと共に、まだまだ世間に知られていない正食を広め伝えていく使命感を感じたことを話されました。

 

| 編集部便り | 11:07 | - | -
野口清美スタイル「健康で美しく快適に過ごすためのチョットいい話」

JUGEMテーマ:マクロビオティック

マクロビオティックと出会って約30年、正食クッキングスクール講師の野口清美先生の、講座が開催されました。今回のテーマは、「大切な子どもたちの健康ごはん 幼児期/乳児期/離乳期/幼児期/小学生/中学生/思春期・活動期」。

二男一女を育てた経験からの生きた知恵を学びます。本題に入る前のお話しを少しお届けします。

 

 

幼児期から思春期、活動期まで細かく分けてありますが、正食(マクロビオティック)していたらいいわけですから、そんなにとやかく言うことないんですけど、自分が立派に正食やってきた人というのではなくて、いいも悪いもわからず、答えのない世界ですので、自分がやってきた子育てで、一応子どもたちが病気をしなかった、家族が元気に笑顔で過ごせたということは、概ね○かなと思っていますので、その経験の中でいろいろ工夫できたことがお話しできたらいいかなと思っています。

 

古い人間は正食のことを食養と言うんですよ。これは私たちが教えていただいた先生方がおっしゃっていて、正しくは食養生で、その略だと思います。

正食で言う食養というのは、生きていく正しい道筋、ということですね。これはイコール宇宙の秩序なんですね。桜沢如一先生が私たちにわかりやすく、自然の大きな流れの中で生かされていることを教えてくださっているんだけど、何十年も経っているので、今の私たちに少し分かりにくいような気がします。桜沢先生の言葉はとても難しい日本語を使ってらっしゃるというのもあるし、とてもかしこまった表現をするので、平成生まれの私たちにはちょっと難しいと思うんですね(笑)。

私は、桜沢先生にお目にかかっていないんですけどね、昭和41年にお亡くなりになっていますから、まだ生まれてなかったので(笑)。桜沢先生の教えをしっかり受けられたたくさんの先生方の生の息吹を受けて、この桜沢思想というものに強く感銘を受けました。

 

 

体をつくっているのは食べるものであることは間違いないわけですから、毎日いただいてそれを体の血肉にして私たちを生かしてくれているわけです。

どれだけ少しのもので効率よく生かしていくかが私たちの仕事なんですよ。ただただ欲に駆られてあれ食べたいなこれ食べたいなと、欲望に駆られていただくもので効率の悪い燃焼の仕方をして、便秘になったり、血糖値が上がったり、糖尿になったり、血圧が上がったりするわけです。そして、今度はお薬という不自然なものに頼るわけです。

 

桜沢先生は、正しい食の原理を取り入れたら、すべての家庭は楽しさと喜びで輝く。食養以外に家庭を幸福に明るくする道はありません、と言い切ってはるんです。まさしくそうやとは思います。別に玄米食べていないおうちでも明るく幸福なおうちはありますから、先生の幸福の定義の中に「健康」と「一生」というのが入っていると思うんです。いつまで経ってもみんなが病気もしないで元気でいられるということだと思うんです。

さらに桜沢先生は、台所は生命の薬局である、主婦は生命の薬剤師である、妻は一家の健康の舵取りをする船長である、妻は幸福な家庭の舞台監督である、家庭は愛の道場である、う〜ん、最後すごくない? いいですね。

 

 

次回、最終回は114日(土)。テーマは「健康で美しく快適に過ごすために」です。楽しく学べる講座です。是非ご参加ください。

 

| セミナー | 17:48 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
☆ランキングUPにご協力を☆↓↓↓
BLOG RANKING
人気ブログランキングへ
日本ブログ村 マクロビオティック
MOBILE
qrcode
LINKS