山村慎一郎先生の講座が開催されました

JUGEMテーマ:マクロビオティック

9月11日、日曜日。正食協会の理事で食養家の山村慎一郎先生のセミナー「腸活・菌活でイキイキ生活」の第1回「なぜ腸内細菌が健康を左右するのか?」が開催されました。内臓の働きが良くなると。肌が若々しくなり病気にも強くなります。先生のお話は、いつも本題に入る前のいわゆるマクラの部分がとても面白くためになります。

 

 

NHKが腸内フローラ(腸内細菌叢)を番組で取り上げてから、腸の大切さが認識されるようになりましたね。研究者や企業の人たちがヨーグルトやチーズが腸にいいと一生懸命に言うものですから、どうしてもヨーロッパ系の人たちの食べる発酵食品がいいということが常識になるわけです。

 

実はそんなに役立たないんですよ。おそらく反対のことを言ったらテレビには出られませんね。乳業メーカーのスポンサーがついている番組で「チーズとかヨーグルトは効きませんよ」なんて言ったら、もうテレビの仕事は来ないでしょう。さらにいえば、いろんなところから研究資金とかもらっていますから、本当のことは言わないんですね。

 

日本のような湿気の多いところは乳質がヨーロッパと全然違います。オランダとかベルギーに娘と行った時に、牛乳を飲んでみたら目からウロコでしたね。「うわっ、うまっ! 」(笑)。

 

ヨーロッパも昔は肉をあまり食べてなかったんですよ。大事な家畜ですから、毎日肉食うということはあり得ないんです。お祭りと大事なお客様が来た時にみんなで食べるというのが習慣だったんです。しかも全部食べるわけです。一物全体ですね。イタリアに行った時は血のパテがありました。我々はどうしても抵抗があります。そこからナトリウムを摂っているんですね。だから食事で塩分を摂る量がすごく少ないんです。

 

だんだん豊かになってくると肉が増えてくるんですよね。肉というのは旨み成分を持っているからおいしいんです。肉が多くなると腸内細菌バランスが崩れる。そうすると便秘したりする。牛乳はお腹冷やすんです。下剤として飲んだという。病院でも言います。ちょっと便秘です、というと牛乳飲みなさいと。

 

日本ほど麹を中心とした発酵文化が進んでいるところはないんですね。世界最長寿の国が、なんで肉食圏の人たちの発酵食品を真似なきゃいけないのかなと。

私たちは日本に住んでいる。桜沢先生がおっしゃったみたいに身土不二。住んでいる土地で発酵させたものは我々に合っているんですよ。わざわざよそからとってくる必要はないんです。

 

 

次回は、10月9日(日)。テーマは「イキイキ健康生活には『育菌と菌活』が決め手!」です。単発の受講もできますので、是非ご参加ください。お待ちしています。

| セミナー | 11:24 | - | -
操体法で身体の痛みをとる講座開催

JUGEMテーマ:マクロビオティック

9月4日、鍼灸師で鈴木総合治療院院長、真・食養会講師の鈴木敏文先生の操体法の講座第1回「身体のひずみを作らない正しい動作」が開催されました。マクロビオティックは宇宙の秩序を展開した食事法ですが、宇宙の秩序を動きに応用したのが操体といえます。動きの原理を使って、自分自身で体の歪みを正し、痛みを自分で消すための実技を身につけていただく講座です。

はじめに、マクロビオティックの創始者、桜沢如一先生のエピソードについてのお話しがありました。

 

 

健康の定義について、桜沢如一先生は「健康は幸せの別名である」と本の中で説明しているところがあって、健康だけど不幸であるならば、それは本当の健康ではないと言っているんです。それは見せかけの健康か将来いつ病気になってもおかしくない健康であると。

 

ほとんどの健康法や医療は健康を定義できていないですけど、桜沢先生の言う「健康の七大条件」の状態だと幸せなはずなんですね。

絶対に疲れない、ご飯がおかずなくてもおいしい、記憶力もよくて決して物忘れしない、愉快でたまらないです(笑)、決して怒らない。周りの状況に関係なく愉快でたまらないですから。

 

桜沢先生は、反戦活動をしたことで特高警察に捕まり拷問受けて、刑務所から出た時、両目の視力をほとんど失って、左足の自由なくしていて、それですら、あとで振り返って「あんなに楽しい遊びは二度とできないだろう」と(笑)。それを楽しいと思えるようであれば、どんな状態であっても幸せなわけですから。

 

今の時点で健康であっても、不幸なら見せかけの健康であるということは、将来病気になる可能性を秘めているというんですね。ということは裏返せば本当の健康は将来も絶対病気にならないんですよ。十年後も二十年後も。ほとんどの人が言っている健康法とか医療は、今が調子よくても将来の保証ができないですよね。これはどういうことかというと、将来健康状態が低下して病気になる可能性があるとしたら、時間的に見たら今の時点で少しずつ落ちていっている可能性があるということです。これが上昇に向いていたら、将来にわたって落ちないわけですから。

 

  • 今まで痛点を探し、患部が痛くなることをしてほぐして改善することをしていましたが、快を探して心地良くほぐすやり方は新鮮でした。
  • 重心の移動・安定・連動で教えていただいた体の動き方は、まだ意識して動かさないとできませんが、日常生活の中で反復して行い身に付けていきたいと思います。
  • 3回を通して、いろいろ関連のある話も聞かせていただき、とても勉強になりました。疑問点もわかりやすく解説していただいて、更に奥まで深めたい気持ちです。
  • 今までやってきたことで出てきた疑問が、この3回でかなりなくなりました。あとは私の頭の中をもっと整理することですが、これからも指導や勉強会をお願いいたします。

 

 

11月5日(土)、「身体の痛みをとる操体法講座・1DAY」を開催いたします。遠方の方で、3回通うのは難しいという方は、是非1日コースにご参加ください。

 

| セミナー | 17:02 | - | -
操体法で身体の痛みをとる講座開催

JUGEMテーマ:マクロビオティック

8月7日、鍼灸師で鈴木総合治療院院長、真・食養会講師の鈴木敏文先生の操体法の講座第2回「自分で身体の痛みを消す方法」が開催されました。マクロビオティックは宇宙の秩序を展開した食事法ですが、宇宙の秩序を動きに応用したのが操体といえます。動きの原理を使って、自分自身で体の歪みを正し、痛みを自分で消すための実技を身につけていただく講座です。

 

 

操体法を考案した橋本敬三先生に雑誌の編集者が「操体とは何ですか」と聞くと「生きるとは何ですか」と聞き返されました。

「生きるとは、呼吸すること、食べること、動くこと、精神活動です。この4つに関しては、それぞれ天然自然の法則があって、それを間違うと不具合が起きてくる」と先生は答えました。

橋本先生は、それぞれ平均して60点ぐらいずつ取れたら、まあまあそこそこうまく問題なくいけますよ、とおっしゃいました。

 

この4つは、お互いに関係し合って連動しているんですね。どれか一つが極端に引き下がると他のも引き下げられてしまうし、どれか一つが極端に引き上げても、他のも多少引き上がります。

 

背を丸めた姿勢で喜べないし、胸を張って悲しめないんですよ。姿勢と精神的なものは密接に関係しています。笑っている時は笑っている時の呼吸をしていますし、泣いている時は泣いている時の呼吸をしていますし。

 

食事も精神的なものに影響してきます。動物性が多いと気が短くなって気性が荒くなりますし、果物とかお砂糖が多いと精神的に弱くなるというか、悩んだり暗くなる傾向になります。

 

私が健康指導するときには、呼吸をあえて抜いているんですけど、この3つが整えば、呼吸も整うはずです。もう一つは健康のために余分に何かしなければいけないというのがおかしいという基本的な考えがあります。

 

今日までのところ操体は、わざわざ健康の為にやっているように見えますけど、3回目の「身体のひずみを作らない正しい動作」であれば、歪まなくなるし、仰々しくやらなくても、日常の動作を正せば健康になります。

個人的に病気の原因について話す時は、この3つですけど、生きることを分解する視点では、この4つの組み合わせになります。

 

 

〈参加者の感想です〉

  • 先生の講義は深く、そしてわかりやすく、もっとお聞きしたい内容でした。健康面のエピソードなど、もっとお聞きしたいと思いました。
  • 圧痛消しの方法は、自分の体で試しながら一人でも続けていけるので取り組んでいきたい。
  • 通院している整体の先生に、3回続けて「体がゆがんでいない」と言われました。操体の動きが効いてきているのかな。日々の継続によって自然治癒力が回復していると感じているこの頃です。
  • 操体と食養の体系は、それぞれ独立しているが、深い哲学で共通性がみてとれるというお話しは、混乱している健康情報を整理できて参考になりました。
  • 前回の講座の、かかとをぐっと引き込む動きで、胎盤がほぐれる感じがして、特に心地良いです。

 

| セミナー | 09:37 | - | -
岡部賢二先生の陰陽五行による望診講座が行われました

JUGEMテーマ:マクロビオティック

 

8月6日土曜日。正食協会の理事、岡部賢二先生のマクロビオティック手当法・陰陽五行による望診講座第3回「陰陽五行による胃・脾臓系の望診〜免疫系のトラブルに玄米、葛、甘酒を使った手当て〜」が開催されました。

 

 

季節の変わり目を管理するのが胃・脾臓系です。脾臓といっても現代医学の脾臓ではなく、胃・膵臓系と私は呼んでいますが、その経絡が弱るとどのような症状が出てくるのでしょうか。

 

明日が立秋なので、ちょうど今日までが土用ということになります。土曜日の土曜じゃないですよ(笑)。立春24日頃、立夏55日頃、立秋87日頃、立冬118日頃の前、約18日間を土用といいます。合計して年間で72日間あります。土用と聞くとまずイメージすることはなんですか? うなぎですね。一般の人は土用をうなぎを食べる日と誤解しているんですね。

 

明日から秋に入りますけど、季節と季節の調整期間なので、陰陽の気が安定しない、体調不良が起こりやすい時期が土用の時期です。なんとなく胃腸の調子が悪いとか、下痢が続く、食欲不振。夜眠れない、気分的に落ち込む、引きこもり状態、人に会いたくない、なんとなく自信がなくなる、精神的にも気が滅入りやすい時期が土用の頃です。

 

土用の時期に何が起こるかというと、胃・脾臓系の疲れる状態、停電状態が引き起こされるといったらいいかもしれません。胃・脾臓系は土用の時期に非常に関わる経絡であるわけですが、何を管理しているかというと、簡単に言うと人体の発電所、生命エネルギーの発電を行っている経絡だととらえます。

 

東洋医学では生命エネルギーのことを“気”と呼んでいるんですね。伝承インド医学、アーユルヴェーダの世界ではプラーナと呼んだりすることもあります。目に見えない一つのエネルギーの流れというものが人体にあり、その気のエネルギーを創り出す大本が胃・脾臓系の働き。気のことを物理学、科学的に申し上げると私は生体電気と呼んでいます。

 

胃・脾臓系の働きは、家に例えるとブレーカーに相当します。食べ物から「地の気」が胃と膵臓で取り込めなくなると、ブレーカーが落ちて慢性的な生命エネルギー不足の症状が現れます。

 

 

次回の手当て法講座は、10月1日(土)「陰陽五行でみる肺・大腸系の望診〜リンパ系のトラブルに里芋、大根を使った手当て〜」です。単発受講もできますので、是非ご参加ください。

| セミナー | 11:40 | - | -
体験レッスン Meet Macrobiotics!

JUGEMテーマ:マクロビオティック

 

(English is below)

 

正食クッキングスクールの体験レッスンが始まります♪

 

 

「食」を変えて健康になりたい方、お料理を楽しみたい方お待たせしました。料理が苦手な方も、主婦歴何十年の方も、新米ママさんも、もちろん男性の方も、是非正食クッキングスクールの美味しいマクロビオティックを体験してください!もちもちの美味しい玄米の炊き方、出汁なしなのにふかーいお味のお味噌汁など、シンプルでありながら素材の旨味を引き出すマクロビオティック料理を体験していただけます♪ペアでご参加いただくとお得な特典もあります!

 

 

日程:7/30(土)・8/20(土)・9/8(木)・9/30(金)

時間:10:30〜13:00(その後、個別相談時間あり 最終14時まで)

メニュー:玄米ご飯・基本の味噌汁・おかず(車麩のフライ、れんこんボール、かぼちゃコロッケのうち1品)

料金:3,000円 ※お友達と参加いただくとペアで5,500円に!

 

詳細はコチラ↓
http://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/taiken.htm

 

お申し込みはコチラ↓

https://ws.formzu.net/fgen/S42082597/

 

 

Meet Macrobiotics! New Cookery Trial Lessons for all at the Japan Macrobiotic Association

 

We are pleased to announce that we are starting our new macrobiotic trial classes, designed to fulfill the needs of all those who want to restore their health by changing their diets, or even for those who just like to enjoy natural cooking!

 

Even if you don’t particularly like cooking, or you already are an expert in the kitchen, or even in case you just want to learn how to cook healthy and delicious dishes for yourself and your family, our hands-on introductory lessons will help you finding new and inspiring ways to create delicious and healing plant-based dishes, using high quality ingredients and macrobiotic energetic cooking methods.

After each trial class, consultation time is available between 13:00 and 14:00 for all those who wish to ask questions privately.

 

 

Trial Lessons Schedule:

July 30th, Saturday, 10:30~13:00
August 20th, Saturday 10:30~13:00
September 8th, Thursday, 10:30~13:00
September 30th, Friday, 10:30~13:00

 

Price
Single ticket: 3000 yen
Promo 2-persons ticket: 5500 yen

 

Menu
Brown Rice
Basic Miso Soup (made with no dashi)
One side dish (chosen among: deep-fry gluten wheals, pumpkin croquettes, lotus root balls).

Interpretation service available (English, Italian) upon request. For further details and enquiries please contact: main@macrobiotic.gr.jp

 

We are looking forward in hearing from you soon.

 

 

 

 

| 料理教室 | 15:52 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
☆ランキングUPにご協力を☆↓↓↓
BLOG RANKING
人気ブログランキングへ
日本ブログ村 マクロビオティック
MOBILE
qrcode
LINKS