山村流・食養診断力アップ入門特別講座開催

JUGEMテーマ:マクロビオティック

しばらく夏休みをしていた山村慎一郎先生の講座の再開です。正食協会での講座をお休みしていただけで、先生は暑い夏の間も海辺や大都会を東奔西走し、ますます元気に活動されておられました。

新しく始まった「山村流・食養診断力アップ入門特別講座」は9月から来年1月まで5回シリーズ。第一回目は「肝臓病の望診・食事・飲み物・手当て」。

 

 

初参加の方もおられたので、出生から食養家になるまでの人生史のような自己紹介から始まりました。若い頃にマクロビオティックとは、ほど遠い生活をしていた先生だからこそ、食べものの秘密を知ってからの体験に説得力があります。特に大量に摂っていた砂糖をやめてから起こるリバウンド現象のエピソードはリアリティがありました。

マクロビオティックの始祖、桜沢如一氏直弟子の指導者に会うために、ベルギーのクリム吉見氏やカリフォルニアのヘルマン相原氏にコンタクトをとるものの、共にお亡くなりになり、ボストンにある久司道夫氏のクシインスティテュートに行くことになり、英語しか通じない環境で学ばれました。

 

 

先生は参加者に「肝臓は体のどこにありますか?」と質問されました。誰も正確に示すことができません。心臓や胃や腸などは確実に分かりますが、ふだん意識していないせいか戸惑う参加者の皆さん。「肝臓はお腹の右側です。とても大きく重い臓器です。1.21.5圓△蠅泙后人体で最も高温の臓器といわれています」と答えられました。

肝臓の働きである、代謝機能(糖・蛋白・脂肪の代謝)と排泄と解毒作用から講義は始まりました。

 

次回は、10月8日(日)。「心臓病の望診・食事・飲み物・手当」です。是非ご参加ください。お待ちしています。

 

| セミナー | 13:42 | - | -
研修科受講生と指導員・講師対象の合同講義開催

JUGEMテーマ:マクロビオティック

93日、正食クッキングスクールの研修科受講生と指導員・講師を対象にした合同講義を開催しました。

午前の部は、「むすび」誌で好評連載中の「田んぼソムリエになって日本を味わう!」を執筆していただいている、生きもの認証推進協会代表理事の林鷹央さん。東京からギターとパソコンを抱えて大阪入りしました。

生きもの認証推進協会とは、生物多様性と里山文化・環境を守り、食の安全や環境、品質に配慮した農業、地域の取り組みを促進し、生産者と消費者を生物多様性の共有で繋ぎ、新たな農業、企業活動の評価として社会に働きかけている団体です。

 

 

「地球が誕生したのが46億年前、生命が誕生したのが38億年前、生物の種類が一気に増えたのが、それから30億年以上経ったカンブリア爆発と呼ばれる5億年前、長い時間をかけていろんな生命が生まれ、絶滅もあって現在があるということで、どんな生きものと我々は過ごしてきたのかという目線を持つと新たなものが見えてくると思います」と話し、レジュメに歌詞が載った林さんが作詞・作曲した「腸内フローラ」の歌をみんなで歌いました。

 

♪お腹の中の多様性 善玉 悪玉 日和見菌 菌の世界のバランス

君の生き方で変わっていくよ

腸内フローラ(フローラ) 腸内フローラ(フローラ)♪(以下省略)

(フローラ)の部分を全員でコーラスしました。

 

「ばっちりです! 女性ばかりなので高い声がきれいに出ました。正食協会合唱団ができます」と林さんが絶賛すると、会場に笑いが起こりました。

 

 

このあと、「生きもの目線の健康哲学」、「生きもの目線の環境哲学〜生物多様性」、「健康と食を考える」、「農を思う」、「持続可能な食生活とライフスタイル」について250枚のスライドを使用した熱い講演が行われました。

 

 

休憩をはさんだ午後の部は、話題の書『欧米人とはこんなに違った日本人の「体質」』の著者、内科医で医学博士の奥田昌子先生。「むすび」誌9月号特集に登場していただきました。テーマは「日本人の弱点をおぎなう和食の知恵」。

 

 

「弱点というのは体質の弱いところという意味です。体質は生まれつき決まっていて、一生変わらないイメージがあるかもしれません。だけど一方で体質が変わったということも言いますよね。例えば玄米を食べたら風邪を引かなくなったというのも一つの例です。どうしてこんなことが起きるのかと言いますと、体質というのは二つの部分が重なり合ってできているからです。

一つは遺伝によって決まっていて、一生変わらない部分。もう一つは生活習慣とか環境によって変化する部分です。この二つがただくっついているだけではなくて、お互いに深く影響を及ぼしあって体質というものが作られているわけなんです」

優しい語り口で、平易な言葉を選ばれて話される奥田昌子先生。最後の質疑応答にも、とても丁寧に答えておられる姿が印象に残りました。

 

 

「日本人の体質、ここがすごい」ところは、

 

1 動脈硬化になりにくい

2 腸内環境がきれい

3 主食に合った胃腸を持つ

4 骨が強い

 

「日本人の弱点」

男性はおなかに脂肪がつきやすい

アルコールに弱い

3 牛乳をうまく消化できない

 

昔の日本人が生活習慣病にならなったわけ

1 脂肪の摂取が少なかった

2 よく歩いて有酸素運動を十分に行っていた

3 「悪い物質」の作用を打ち消す食材を多く食べていた(玄米、大豆、海藻、  

  魚)

 

| セミナー | 11:26 | - | -
正食クッキングスクール講師・野口清美先生の講座が開催されました

JUGEMテーマ:マクロビオティック

マクロビオティックと出会って約30年の野口清美先生の、今まで経験してきたことを余すことなく伝えていただきたいという意図で企画した「健康で美しく快適に過ごすためのチョットいい話」。

本人はもとより、三人のお子さんをはじめ家族全員の健康管理してきた経験や、講演依頼を受けた先での様々な活動を通して、先生の持つ情報は日々更新され続けています。

 

 

92日に行われた3回シリーズの第1回目のテーマは、「食生活を見直そう(おうちごはんのススメ)」で、何はともあれ家で料理をして食事をしましょう、というベーシックものです。

 

講義は「長い歴史の過程で米というものを核にしながら、さまざまな国々から多様な産物や調理の技術を摂取しながら徐々に形成された料理の体系が和食ではないでしょうか。日本人のお米に対する考え方や関わり方は、おさえておく大事なことだと思います」と、古代国家と米、米文化と天皇などを例にとって、和食の歴史から始まりました。

 

 

「私の知っているマクロビオティックと世間で言われているマクロビオティックと、どうも違っている気がしていて、納得いかないことが多いんですけど、それもこれもマクロビオティックでいいのではないかという時代が来ているので、とやかく言おうというつもりはないんですけど、マクロビオティックというのは、そもそも米を大事にするという和食の文化が根底にあるのは確かなので、絶対に動物食を禁止したものではないというのは少し知っておかれていいのではないかなと思います」と話されてから、食養、正食、マクロビオティック、ベジタリアン、ヴィーガン、ヴィーガンマクロビオティックなどの言葉の定義について解説され「マクロビオティックが広まったことで、それぞれの解釈でやっていることについて、整理していただけたら幸いです。そして得た知識を自分の中で整理し組み立てて、マクロビオティックという生活法をどう利用するかを考えてください」と結びました。

 

 

このあと「すぐれものの和食」、「食材を考える」、「陰陽の基礎(食べもの・体質)」、「食養料理の極意」という流れで、2時間にわたり深くためになるお話しとなりました。

次回は、1014日(土)。テーマは「大切な子どもたちの健康ごはん」です。是非ご参加ください。お待ちしています。

 

 

| セミナー | 11:13 | - | -
むすび編集部が行く!

JUGEMテーマ:マクロビオティック

 

【むすび編集部が行く!】

大阪・十三にあるシアター系映画館・第七藝術劇場で、「カレーライスを一から作る」というドキュメント映画を観て来ました。

 

 

グレートジャーニーで有名な探検家の関野吉晴さんが、教え子である武蔵野美術大のゼミ生に、「食べものを一からつくってみないか」と提案して、学生たちがカレーライスに挑戦します。

 

野口のタネで在来種の種を買い、有機栽培で野菜や稲を育て始めます。学生たちは畑に指導を受けにいくわけですが、そのときに持参したお昼が、学生はコンビニで買ったおにぎりや菓子パンで、一方、関野さんはフェアトレードの有機バナナ、という対照的なシーンが笑えました。

 

チキンも、最初はダチョウのヒナ3匹を育てようとしたものの死んでしまい、烏骨鶏とホロホロチョウを飼って、最後は絞めて料理します。

 

単位のとれないゼミで、映画は2年目の取り組みをドキュメントしているわけですが、最初に200人いた学生は、最後には20人余りにまで減ったそうです。

野菜や米も、種を植えたらそれで終わり、あとは収穫するだけ、と思っている若者も多いようです。

 

食べものと向き合うようになった学生は「スーパーで売っているきれいな野菜がおかしいと思うようになった」と話していました。

第一次産業に就く卒業生が多くなったということで、「人生を変える関野ゼミ」といわれているそうです。

 

カレーライスづくりは今年も続いていて、今年でもう4年目。そのうち和食づくりに挑戦するかも、ということで、味噌づくりなども大豆を育てるところからかかるのでしょうね。「そのときはぜひ取材させて下さい」とお願いしました。

 

 

関野さんと前田亜紀監督による上映後のトークショー、サイン会のあと、特別にお二人に取材させてもらいました。

詳しい映画の内容や取材の話は、「むすび」11月号に掲載したいと思います。

 

七藝での上映は9月15日まで。各地でも上映されますので、ホームページなどでご確認下さい。

以前に紹介した「人生フルーツ」も、七藝でリバイバル上映中です。

 

「カレーライスを一から作る」

http://www.ichikaracurry.com/

| 編集部便り | 10:55 | - | -
平成28年度秋期師範科卒業制作発表会&卒業式

JUGEMテーマ:マクロビオティック

8月19日土曜日。平成28年度秋期師範科卒業制作発表会&卒業式が開催されました。

様々な思いでこの日まで頑張ってこられた師範科卒業生の皆さん。

前日から仕込みをされた方や、早朝から市場へ買い物に行かれた方など、この日にかける熱い思いがとても感じられました。

 

素敵なお料理が次々と並べられていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

制作発表会では、卒業生の皆さんが順番にお料理についてご説明されます。先生方の前で発表されるので、目を潤ませて話される方もいらっしゃいました。

 

その後は試食会が開催され、会場内からは終始「美味しい!」の声が聞こえてきました。

 

 会場を移動し、卒業式の開催です。答辞は2名の方が務められ、非常に素晴らしく、皆さんじっと聞かれたり、頷いたりされていました。最後に昭子先生からのお話があり、卒業式は幕を閉じました。

 

 

本当に皆さんの卒業作品は素晴らしく、卒業式も感動的でした。

今後皆さんのご活躍を心から楽しみにしています。

ご卒業おめでとうございます。

| 料理教室 | 12:33 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
☆ランキングUPにご協力を☆↓↓↓
BLOG RANKING
人気ブログランキングへ
日本ブログ村 マクロビオティック
MOBILE
qrcode
LINKS